着物を自然に、お得に楽しむ為の情報サイト

友禅染、美しい着物ができるまで

美しい着物が、どのようにして染めたり柄を描いているのか気になったことはありませんか?

友禅染では、まずデザインの図案を木炭や鉛筆で紙に描いていき、その図案を元に着物の生地に青花の塗料で下絵を描いていき、その下絵をなぞるように糊で輪郭を覆っていき、柄の中に色を入れたくない場所にも伏せ糊を行っていきます。

地染めでは、生地をぴんと張った状態で、大きな刷毛を使ってムラなく塗っていき、乾いたら水洗いして伏せ糊を洗い流していくのです。

筆や刷毛を使って、糊置きした柄部分に色を塗っていく挿し友禅の工程を行ったら、100度の蒸気で蒸しておき、再び水洗いで不純物や糊などを洗い流していきます。

箔を付けたい部分に糊を付けたら、金色の箔を貼り付けていき、仕上げとして赤や金色の糸で刺繍を施します。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る