着物を自然に、お得に楽しむ為の情報サイト

着物の歴史と価値とは

戦前から戦後、現代に至るまで着物は日本人に親しまれてきましたが、その歴史背景について知っていると、もっと着物が好きになりますよ。

戦前は、上流階級の人以外、多くの人々に着物中心の生活だったと言われていて、着物は財産的にも価値があり、お金やお米に変えることもできたのです。

戦後はお米を食べることが難しいという状況でしたが、着物をお金に変えて生き延びたという人も多いようです。

高度成長期の日本では着物の売り上げがピークを迎えて、冠婚葬祭でも9割の人が着物を着て参加していたのだそうです。

現代になり、欧米化の食生活によって男女共に体型や体格が変化してきたため、着物の継承が難しくなったと言われていますが、その中にも有名な産地や作家により作られた良い物がありますので、今後も継承していくことが大切なのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る