着物を自然に、お得に楽しむ為の情報サイト

着物の帯の種類について知っておこう!

着物を着るなら、帯の種類について知っておくとコーデの幅が広がりますよ。

帯の種類は主に、半幅帯と袋帯と名古屋帯に分類されますが、袋帯は豪華なデザインの物が多いため礼装に用いられて、名古屋帯は普段着用で使われるのだそうです。

袋帯の中でも柄が大きめの物は若い人にオススメですし、古典柄と呼ばれるデザインなら正式な冠婚葬祭の場にも適していると言えるのです。

金糸が使われている帯ならば、帯揚げや帯締めも金糸が入っている物を選ぶと良いでしょう。

古典柄のデザインの物は、格式高くて上品な印象を与えますので、キラキラした素材が入っている帯揚げや帯締めを選ぶと良いのだそうです。

重厚感のある古典柄なら名古屋帯でも訪問着として使えるとの事ですが、少し変わったデザインの物なら普段着にオススメですよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年8月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る