着物を自然に、お得に楽しむ為の情報サイト

着物の着崩れってどう直すの?

普通に生活していると着物が着崩れてしまいますから、外出先でもスムーズに直せるようにポイントを知っておきましょう。

着崩れの直しは基本的にトイレなど人に見られていない場所で行い、着崩れしている部分のみ最小限に動かして直す事によってスムーズに着姿を整える事ができるのです。

腰紐が緩んできてしまったら、おはしょりを上げた状態で両手の親指を結び目のある腰紐の下に入れて、そのまま指を背中へと回して一締めしたら、また指を前へと戻し、結び目を解いて結び直すのです。

衿元がだぶついてしまったら着物の裾をめくり上げて、長襦袢の背中心を持ちながら軽く下に引っ張り、長襦袢の後ろ身頃の左右を下に引き、身八つ口から両手で長襦袢の衿を持って左右に引き、シワを押し込むと良いそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カレンダー

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る